読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfaceの対面にいる人

思ったことを思ったまんまに書いてます。

#ネトフリ に続きAmazonプライム・ビデオも9月に上陸!HuluとdTVは大ピンチ!!

ライフスタイル ウェブサービス Amazon

スポンサーリンク

f:id:surfacepro:20150828010849j:plain

ネトフリことNetflix(ネットフリックス)が9月2日サービス公開を控え、サービスプランの発表やソフトバンクとの業務提携で盛り上がる中、沈黙していたamazonプライム・ビデオもなんと9月にサービス公開するというニュースがありました。これで既成勢力のHulu、dTVに対し強力なライバルが2社同時参戦という形になり、日本でも動画定額見放題サービスがいよいよ定着するかもしれません。

 Amazonプライム・ビデオの驚くべき安さ

Amazonプライム・ビデオのことは知っていましたが、日本に上陸するときはプライム会員の年会費は値上げされるだろうと確信していました。というのも、米国のAmazonプライムの会費は年間99ドル(約12,000円)だったので、日本の年会費3,900円では安すぎるからです。しかし、現実には追加料金なしでプライム・ビデオを観られることを明言しているので間違いないみたいです。すごいです。そうなると月額で325円という計算になり、Netflixの950円(スタンダード)、Huluの933円、dTVの500円と比べても飛び抜けて安い!!

しかもビデオサービスは付加サービスのひとつに過ぎない

Amazonプライム・ビデオは単なる動画定額配信サービスではなく、ショッピングとしてのAmazonの会員サービスの付加サービスとして追加されるので、「お急ぎ便」、「お届け日時指定便」、「毎月1冊のKindle無料本」といった特典も受けることができる。これは競合には太刀打ちできない違いである。そもそも、前の記事に書きましたが「毎月1冊のKindle無料本」というメリットだけで年会費の元はとれるんですから簡単な言葉になってしまい恐縮ですが最強と言わせてもらいます。

とは言っても並列に比較できるサービスではない

配信サービスによって提供されるドラマや映画、アニメのタイトルは異なります。その為、価格だけでは単純比較できません。各社オリジナルコンテンツも持っているのでいかにキラーコンテンツを持っているかが鍵になりそうです。一昔前の家庭用ゲーム機の争いの様です。ちなみに私はAmazonプライム・ビデオの新作トップギアに期待しています。なにせ約310億円かけて作るカーエンターテインメントですからね。期待です。

 これから熾烈な競争が始まる?

Amazonが後出しでこんなことをやってきたわけですから、競合も対抗措置をとってくれるでしょう。特にこの業界ではトップのNetflixは何かしら動きがありそうです。注目です。

Fire HD 7タブレット 8GB、ブラック

Fire HD 7タブレット 8GB、ブラック

 

ちなみに、8月30日(日) 24:59までFire HD7タブレットが4,000円OFFです。背中を押されそうです。。