読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfaceの対面にいる人

思ったことを思ったまんまに書いてます。

【ステーキの焼き方】おいしく焼くには低温調理しよう


スポンサーリンク

コストコが大好きSurface対面にいる人です。コストコで特に大好きなコーナーは食品コーナーですね。今日は、アメリカ産 チルドビーフ チョイス サーロイン ニューヨークカット ステーキ 特別価格 ¥498/100gを購入してきました!

f:id:surfacepro:20150908125045j:plain価格の割に肉の色も良くおいしそうです。

f:id:surfacepro:20150908125412j:plain

今日は、このステーキ肉をおいしくメディアムレアで焼きたいと思います。

 

もちろん、単に焼くだけではありません。Anova Precision Cookerという低温調理器(真空調理器)で下ごしらえをします。Anova Precision Cookerについては過去記事を是非見てください。

 

surfacepro.hatenablog.com

 

surfacepro.hatenablog.com

 

surfacepro.hatenablog.com

 

surfacepro.hatenablog.com

真空調理の準備から

まずは肉の準備をする前にAnova Precision Cookerの準備をしましょう。温度が上がるのに少々時間がかかりますので。

f:id:surfacepro:20150908125759j:plain

f:id:surfacepro:20150908125920j:plain


前回はちゃんと鍋でやってましたが、今回は発泡スチロールのケースです・・・。見た目は良くありませんが、下記の理由でおすすめです。

  • 安い(800円くらいで買える)
  • 大量の水が入る(15Lぐらい入る)
  • 軽い(片付けの時に助かります)
  • 保温性が高い(温度変化が起こりにくい)

もちろん、アウトドア用のクーラーボックスを持ってるなら、そっちの方が良いですね!


肉の準備

次は、肉の準備です。まず肉をZIPLOC的なものに入れる必要があります。水に少しずつ浸けて空気を抜く方法が機材も要らなくて良いですが、私の場合は面倒くさい&確実に真空にしたいという理由で機材を使ってます。

f:id:surfacepro:20150908130047j:plain

f:id:surfacepro:20150908130855j:plain

ちゅーーーーーーっと空気が抜けます。すぐに調理しない場合でも、このまま冷凍保存しても良いでしょう。長持ちしますし、品質も落ちにくいです。




f:id:surfacepro:20150908130920j:plain

次は、発泡スチロールにドボンします。ANOVAは結構対流しますので、クリップで留めておきましょう。




f:id:surfacepro:20150908130939j:plain

そして、アプリからスタートボタンをタップ!あとは、予定温度まで上がり、温度が届くと1時間のタイマーが自動的にカウントされます。1時間ほど仮眠・・・。




次に焼きます

さて、焼きますよ。とは言っても、もう火は通ってますので焼くなんておまけの作業でしかありません。表面にしっかり焼き目を付けましょう。



f:id:surfacepro:20150908131154j:plain





f:id:surfacepro:20150908131229j:plainはい!できあがりました!ミディアムレアのステーキになってるでしょうか。切断して確かめます。




f:id:surfacepro:20150908131505j:plainどーですか?料理が素人の私にも上手にミディアムレアのステーキが焼けましたよ。味は、この値段のアメリカンビーフとしては良いと思いますが、肉の柔らかさは格別ですね!


次回予告

いよいよローストビーフに挑戦しようと思います。