読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfaceの対面にいる人

思ったことを思ったまんまに書いてます。

レンズを交換する楽しさを知ってしまう沼レンズにご注意を


スポンサーリンク

f:id:surfacepro:20150827014313j:plain

人を狂わす「沼レンズ」や「撒き餌レンズ」という言葉をご存じでしょうか。レンズ交換式カメラを持っていない人や持ったばかりの人にとって「レンズを交換する必要があるのか?」という価値観を一気にぶちこわすレンズの事です。つまり、低価格の「沼レンズ」や「撒き餌レンズ」を手にすることでレンズを交換する楽しみを覚えてしまい、そのうち高級レンズを集めてしまうと言うものです。本当に恐ろしいものです。私はキヤノンユーザーですが、沼レンズを買うのは二つ目です。そろそろ危ないですね・・・。

最初に買った沼レンズ

キヤノンの沼レンズ代名詞となっているのがEF50mm F1.8 IIです。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

 

 

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 52mm レンズ保護用 725207
 

f:id:surfacepro:20150827014341j:plain

オススメしたい理由

  • とにかく安いです。ヨドバシカメラで9,690 円で買いました。
  • このレンズで写真を撮ると明るくてボケ味が良い感じです。

知ってて欲しい欠点

  • 写真の仕上がりが良いですが、レンズの外観はチープ。
  • オートフォーカスが遅くてうるさい。
  • APC-Sだと中望遠になるため被写体との距離が必要で室内では使いづらい。
  • 被写体にあまり近づけない(近いとピントが合わない)。

書いてみると欠点の方が多いと思いますが、どう考えてもオススメしたいところです。最近これの新しいモデルが出ています。EF50mm F1.8 STMですね。こちらは価格がやや上がっていますが、オートフォーカスが早く静かになってます。これはどちらをとるかってところですね。

2個目に買った沼レンズ

パンケーキレンズと呼ばれているEF-S24mm F2.8 STMです。

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

 

f:id:surfacepro:20150827014401j:plain

オススメしたい理由

  • こちらも安いですね。Amazonで18,900円で買いました。
  • 広角レンズなので見たままに近い画角で撮りやすい。室内でも使いやすい。
  • 被写体に近づいて撮影できる。
  • 小さくて軽いので持ち運びしやすい。

知ってて欲しい欠点

  • APC-S専用なのでフルサイズにすぐ乗り換える予定の人には勿体ない。

値段はEF50mm F1.8 IIの倍ほどしますが、レンズの中ではかなり安い部類で、EF50mm F1.8 IIの欠点を一通り補っている感じです。その分、明るさは落ちますがF1.8でしょっちゅう撮るわけではないので気にならないでしょう。むしろ、単焦点レンズで有りながらあまり画角に困らないので、これ一本で出かけても問題ないくらい使い勝手が良いですね。