読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfaceの対面にいる人

思ったことを思ったまんまに書いてます。

iPad ProはSurface Pro のライバルではない


スポンサーリンク

タイトルに結論を書いてしまいました。。iPad ProはSurface Proの後追いで商品化されたので、当然ライバルになるのかなーと少し思っていました。ですが、ふたを開けてみると(カバーという意味ではありません)競合する感じではなかったですね。理由をまとめてみます。

f:id:surfacepro:20150925032117j:plain

 

タイプカバーの違い

iPad Proの発表の時、タイプカバーの映像を見てぱくりやがったなー!って皆さん思いましたよね。私も思いました。しかし、このタイプカバーがSurface Proのものとは決定的に違うところがあります。それは、iPad Proの方にはタッチパッドがないところです。iPad Proの方はカーソルが存在しないので当たり前のことかもしれませんが、やっぱりここが重要でSurface Proは2in1というジャンルで、一つのハードウェアでありながらタブレットとパソコンの両方の使い方ができるのが特徴です。ですから、スタイルは似ていても違いますね。

タッチペンの違い

iPad Proと一緒に発表されたタッチペンのApple Pencil。これすばらしいですね。欲しいです。こんなすばらしいタッチペンに比べるとSurface Proについてるペンは明らかに格下でしょう。というかこれは用途が違います。Apple Pencilはプロのクリエーターの為に作られています。元々アップルが強いジャンルなので満を持して完璧な商品を出してきたので、Surface Pro用にペンと比べるべきではないと思います。Surface Pro用のペンはディレクターや営業マン向けの手軽なペンと考えるペきでしょう。

OSの違い

WindowsとMacOSの違いは仕方が無いですが、iPad ProはiOS、Surface Pro 3は通常のWindowsなので、iPad Proはタブレットの域を超えていないのに対し、Surface Pro 3はタブレットのスタイルを持ったパーソナルコンピュータとなり、先述した通り2in1というジャンルのアイテムです。


むしろ競合するのはMacbook Pro

最近のMacbook Proは安くなったので、仕事用というかクリエーター用の端末というイメージは薄れていますが、今もクリエーターに愛用されています。クリエーターにとって大画面・高解像度は魅力的で、Apple Pencilの登場によりイラストレーターは間違いなくこちらへ流れると思います。あとは、iRegなどが既に提供しているオーディオインターフェイスもApple謹製が登場すれば、よりiPad Proはクリエーターの心をつかむのではないでしょうか。