読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfaceの対面にいる人

思ったことを思ったまんまに書いてます。

スマホやタブレットを持っていてもAmazonプライム会員には #Kindle を勧めたい理由

ハードウェア ライフスタイル レビュー-比較検証 Amazon

スポンサーリンク

f:id:surfacepro:20150804235926j:plain


Kindle Paperwhiteを買いました。E Inkってすごいですね!最初、Kindleの表面に付いている説明シートを必死にはがそうとしてましたが、それは画面に映っているものでした。。恥ずかしいですね。しかし、E Inkは通電してなくても表示されますし、本当に紙みたいに表示されるすばらしいディスプレイです。

 

なぜ買ったのか

実は、めちゃめちゃ必要に駆られて・・・と言うわけではなく、ずっとAmazonプライム会員だったので、Kindleを持ってると毎月一冊だけ電子書籍が無料で読めるというメリットが気になっていました。元がとれそうなら・・・という気持ちで購入を検討し始めました。

買うなら新型のKindle Paperwhite一択

ちょうど2015年6月30日にはKindle Paperwhiteの最新型が発売され、解像度が300ppiに引き上げられました。これで上位モデルのKindle Voyageとスペック比較表をみても違いが「明るさの自動調整機能付き」と「ページめくりボタン付き」とやや軽いぐらい。それで価格差は約1万円・・・。さらにプライム会員限定で4,000円OFFになるわけですから、背中を押されるというか、突き落とされる感覚で買いました。

f:id:surfacepro:20150805000017j:plain

元は取れそうか?

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき(これには注意が必要です。後述)が14,280円、KindlePrimeクーポンで4,000円割引になり、10,280円支払いました。毎月800円くらいの本を無料で読めれば1年くらいでペイ出来そうですね。もちろん、Kindleを買ったことで他の電子書籍を買い漁ることになりそうなので、まんまとamazonの戦略にはまっています

しかし、注意があります

毎月一冊だけ無料で読めますが、注意点があります。

  • 翌月に次の本を読むには先月の本を返却する必要あり
  • 対象書籍が決まっており何でも読めるわけではない
  • 無料対象本の検索が使いにくい

なので、読み返したりしたい本には不向きなのでご注意ください。あと、私もあまり理解せずに「キャンペーン情報つき」にしましたが、これはスリープの時やスリープを解除するときに広告がでます。なので2,000円安いからと言っても広告が嫌な人は「キャンペーン情報なし」を選んでください。ちゃんと読めば書いていますが、焦ってしまいました。

f:id:surfacepro:20150804235948j:plain

使ってみて

軽くて読みやすいですね。電車とか移動中も良いですが、PCなどで作業中の合間に読むのに便利だと思います。なぜなら、電池持ちが良いので無理にスリープさせる必要もなく、つけっぱなしで読めるからです。数秒の合間に読むにはスリープ解除という動作は面倒ですね。カバーなどアクセサリーもありますが、私は手軽さを重視したいので生で使っています。先日のAmazonプライムデーがきっかけで、プライム会員になった人も多いはずですね。Amazonプライム会員の方にはおすすめですよ! 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき