Surfaceの対面にいる人

思ったことを思ったまんまに書いてます。

MacbookかSurfaceで悩んでいる人にRazerを勧めたい

Surfaceはの2019年モデルは正統進化!!

Surfaceも気がつけばナンバーが7とアップデートが繰り返されています。結局のところOSを開発している会社がOSのポテンシャルを最大限に引き出すためにハードウェアを出すという形が正しいと言うことです。Googleもそうですし、Appleは昔からそうでしたが、そろそろPC用のCPUも自社で作りそうな勢いです。

もちろん、Surface以外のWindowsマシンにも魅力があり、Surface以外は不要!ということにはならないあたり、棲み分けがちゃんとできています。Macbookが持つ魅力に対抗するためにSurfaceは2in1というマシンからスタートさせ、Surfaceの信頼性、デザイン性のブランドを高めていき、比較されながらも2in1とノートPCの違いというところで直接対決はされませんでした。しかし、ご存じの通りMicrosoftSurface Laptopを出してからはいよいよ直接対決となり、2019年のLaptop 3で市場はどう見るのか楽しみです。

新しいMacbookが出たら検討する予定が・・・

そのため、年内にでも出ると噂される新しいMacbookに注目している人も多いと思います。OSの違いはさておき、先に出たSurfaceとは厳しく比較されると思われます。

私は仕事でMac、プライベートでWindowsを使っています。WindowsマシンはSurface Pro 3です。順当に行けば新しいSurfaceです。ところが、AirDropがすごく便利で、iPhoneで撮った動画も簡単にPCに送れるのは素晴らしい。最近はiPhoneの画質向上と手軽さで利用頻度が増えているので一段とAirDropの必要性を感じている。

それにMacWindowsで特殊な使用用途がなければ主要なソフトは対応しているし、クラウド系のサービスはそもそもOS関係ない。だから、新しいMacbookが良ければ、そちらに乗り換えようかとも考えていました。

そこで現れたゲーミングノートPCという選択肢

突然ですが、私の趣味のひとつにゲームがあります。元々はアーケードの格ゲーが好きで、その後はMMORPGにはまり自作PCの道を進んでいきましたが、今はスマホゲームを軽くする程度です。ただ、最近はライブ配信がしたくなってSurfaceで試してみるも720pでもカクカクで駄目でした。それと私に負けじと息子もゲームが好きで、彼はYoutuberがやっているPCゲーに最近興味を持っていてSteamでダウンロードしてみるもスペック不足でこちらもカクカク。

そういうこともあって、ゲーミングPCを検討することにしました。昔のイメージでゲームをするならデスクトップだったので、デスクトップにしたかったですが、今の生活環境では難しい為ノートを検討。ゲーミングノートPCというジャンルをはじめてよく調べてみましたが、かなり選択肢があります。マザーボードなどでお世話になったMSIASUSといったパーツメーカーの商品は尖ってて魅力だったし、DELLやHPと言った巨大メーカーはコスパが良いと感じてました。

Razerってすごく良さそう!

やっと本題です。。ゲーミングノートPCを探しているとRazerと出会いました。もちろん、存在は昔から知ってましたが、買おうと思ったことがなかったのでちゃんと知りませんでした。その為、今更ですが下記のことに驚きました。

  • MacbookSurfaceと同じミニマルデザイン
  • 価格はMacbookSurfaceと近いが明確なスペックの違い
  • 光り方が美しいーーー

MacbookSurfaceの良いところは金属ボディですよね。これは加工にコストがかかるから、大量に裁ける普及マシンにしかできない技です。ゲーミングノートPCは市場が大きいもののユーザーの指向性としてはコストはできる限りGPUに振りたいという意識がおそらくあり、ボディの造形は5の次ぐらいでしょうか。その為、Razerの用なスリムで無駄のないデザインはゲーミングノートPCの中ではとても目立ちます。

次にMacbookSurfaceの違いが明確。価格は15万〜40万くらいでハイエンドはGPUが強い分、Razerの方が上です。ただし、スペックは結構違います。一番顕著なのはGPUなんですが、それよりすごいと思ったのがモニター。iPhoneRetinaディスプレーを出してからスマホタブレットは高解像度が普及し、PCにも浸透してきています。その為、Macbook Proは2,560 x 1,600、Surface Laptop 3 は2496 x 1664です。その点、RazerはフルHDのままで1920×1080です。これだけみるとMacbookSurfaceの方がいいやん!ってなりますが、リフレッシュレートという画面の表示速度(なめらかに動く速度)はMacbookが60Hzに対し、Razerは144以上あったりします。ゲームに特化してるからですね。

解像度の高さは正義!と思っていた時期がありましたが、正直なところMacはまだしもWindowsで高解像度は使いにくかったりします。あと、Surfaceは10点マルチタッチに対応していますが、タブレットではなくノートPCとして使う場合、画面をタッチする必要性もあまりありませんでした。そう思うと、フルHDのパネルはコスパがよく、必要十分ということに気づかされます。

光り物は昔から好きでしたが、専用ソフトでカスタマイズしたり、同メーカーで周辺機器をそろえると連携しやすそうなのは、買う前からワクワクします。

あとRazerは、CPUとメモリがほぼ決め打ちの商品ライナップといところも迷わなくて良い。それでいてSSDとメモリは自分で追加可能というわずかな拡張性が残っている。

コスパは良くないけど所有欲は満たされそう

私は買い物が好きですが、一番大切にしていることは所有欲が出るものかどうか。コスパも大事ですが、それが大事です。そうなると他のゲーミングノートPCはどれだけコスパが良くてももう私の選択肢には入りませんでした・・・。唯一今、困っていることといえば、いつも使っているAmazonヨドバシカメラで買えないこと。取り扱っているのは

と言ったところです。さて、どれにするかな・・・。

MacbookかSurfaceで悩んでいる人にRazerを勧めたい

Surfaceはの2019年モデルは正統進化!!

Surfaceも気がつけばナンバーが7とアップデートが繰り返されています。結局のところOSを開発している会社がOSのポテンシャルを最大限に引き出すためにハードウェアを出すという形が正しいと言うことです。Googleもそうですし、Appleは昔からそうでしたが、そろそろPC用のCPUも自社で作りそうな勢いです。

もちろん、Surface以外のWindowsマシンにも魅力があり、Surface以外は不要!ということにはならないあたり、棲み分けがちゃんとできています。Macbookが持つ魅力に対抗するためにSurfaceは2in1というマシンからスタートさせ、Surfaceの信頼性、デザイン性のブランドを高めていき、比較されながらも2in1とノートPCの違いというところで直接対決はされませんでした。しかし、ご存じの通りMicrosoftSurface Laptopを出してからはいよいよ直接対決となり、2019年のLaptop 3で市場はどう見るのか楽しみです。

新しいMacbookが出たら検討する予定が・・・

そのため、年内にでも出ると噂される新しいMacbookに注目している人も多いと思います。OSの違いはさておき、先に出たSurfaceとは厳しく比較されると思われます。

私は仕事でMac、プライベートでWindowsを使っています。WindowsマシンはSurface Pro 3です。順当に行けば新しいSurfaceです。

ZOZOSUITがあればユニクロ公式オンラインでも便利に使える

ZOZOSUITはユニクロ公式オンラインでも使える

ZOZOSUITが登場してからもう半年以上になりますが、初代は製造が追いつかずホリエモンとか著名人しか持っている印象が無かったけど、構造がシンプルな二代目になってから、一般人の私にもすぐに手元に届きました。

測った数字が他社でのオーダーメイドにも役立つ

すごく当たり前のことですが、 ZOZOSUITで測定した数値は、他社のオーダーメイドでも使えるわけです。おそらくZOZO以外が個別測定に力を入れないのは、これが怖いからだと思います。測定だけして他社で買われる恐れがありますからね。実際、ZOZOSUITが出る以前から、仕立て屋さんでサイズを測定して、その数値を持って低価格なスーツ屋さんに行く人がいました。そういう意味でもZOZOSUITは、そんなケチな考えを持ってないから生まれたんだと思いますし、もちろん、価格やデザインで魅力的な商品を発信し続ける必要があると思います。

ZOZOのオーダーメイドの利点

完全オーダーメイドほどではないが、トップスだと

  • 胸囲
  • 肩幅
  • 着丈

この3サイズ、ボトムスだと

  • ウエスト
  • ヒップ
  • 総丈

この3サイズで自分のサイズに合わせることができます。それなりのフィット感があり、満足度は高いです。あとは、ログインしていれば自動的に自分のサイズで提案されるので、数値を入力する必要がないのはいいですね。

ZOZOのオーダーメイドの欠点

これはみんなわかってることですが、商品数が少ない事です。ただ、ZOZOはここに力を入れているので、早急に商品数を増やしてくると思います。実際、ZOZOSUITが出た当初はTシャツとジーパンしかなかったですが、ワイシャツとスーツ、ポケット付きのTシャツが追加されています。
ちなみに、プライベートブランドのZOZOでは、それくらいしか商品がないですが、ZOZOSUITで自分のサイズを測ると、他社商品でも自分のサイズにぴったりのアイテムを提案してくれるます。これが結構便利で、私はZOZO定期便を利用していますが、ZOZOSUITでサイズを測ってからは、本当に自分のサイズにぴったりの服が来て驚きます。

測ったサイズでユニクロオンラインショップでも使える!

私は脚が短いので、ボトムスを買うときに悩みます。好みのデザインやシルエットでも自分のサイズに合わせて裾を切ってしまうと台無しになってしまったり、裾を切れないボトムスはそもそもはけないということがあるからです。
なので、ユニクロを愛用しています。デザインがシンプルで有ながら、カラーや素材のバリエーションが多く、価格も安い割には耐久性もそこそこあるからです。

しかし、面倒なのはお店に行くことと、サイズを直すのに時間がかかることです。

ショッピングの時間は楽しいのですが、急いでるときはそうではありません。最近のネットショップは、写真が見やすくてイメージしやすいので実物を見なくても80%くらいは信用して買うことができると思います。しかし、トップスはともかく、ボトムスの場合は、裾直しが必要になるので、お店で直してもらう場合は、最低でも20分ぐらい待つ必要があります。予定によっては、その待ち時間が致命的だったりするので困ります。それに、裾を直すときに、店員さんを呼んで見てもらうのも手間です。もちろん、そういうコミュニケーションが楽しいときもありますが、そうでない時もありますからね!

そういうとき、ユニクロオンラインショップだとオンラインで裾直しもしてくれます。商品にもよりますが、まつり、ミシン、ダブルなども選べます。ほとんどの人が選ぶミシンなら無料で、まつりやダブルでも280円でできます。そして、これも商品によりますが、レングスを選べるのが嬉しいです。
先ほど自虐したとおり、私は脚が短いので、長いパンツを着るとバランスが崩れてしまい困っていましたが、もともと短いレングスを選べば、そういった悲劇が送らなくて済みます。

感動パンツ(ウルトラライト・コットンライク)

ZOZOSUITで測った私の股下はたったの65.6cm!

ZOZOSUITでも股下サイズ

そのため、66cmの仕上がりで欲しいので、レングスは76の方を選んだ方がましですね。(それも10cmカットか・・・)。もちろん、ウエストサイズもZOZOSUITで測ったサイズで選びます。

補正の長さも選べる

これで注文すれば、お店に行かなくても、わざわざ店員さんに測ってもらって待たなくても、ぴったりのパンツが届くはずです。
ちなみに注文したのはゴルフ用にほしかったパンツで、ユニクロがスポンサーになっているアダム・スコットが監修した感動パンツという商品です。

ユニクロから感動パンツが届いた!

ネットショッピングをすると到着がいつも楽しみですが、カスタムした商品だと一層楽しみです。そして、届いたのがこれ。

ユニクロオンラインショップから届いた感動パンツ

66cmと書かれてあり、**裁断、ミシン、検印と3名の人のチェックが入っているのが分かります。このあたりの詰めが確実なところがすごいようで怖い。はいてみるとピッタリでした。感動パンツです。

ボトムスを買うのが結構ストレスだったりしましたが、こういう買い方ができるようになって、私のようなマジョリティは救われたような気がしました。

Anova Precision Cookerでサラダチキンを大量生産するならジップロックよりポリ袋が便利

ジップロックはそんなに高くないけど使い捨ては抵抗ある

Anova Precision Cookerで低温調理するときにジップロックは必須ですが、小分けで大量に作るものには不向きだなーと思っていました。

例えば、私の場合は、糖質制限をしているのでお昼ご飯はサラダチキンなんですが、これも毎日コンビニで買うとなると200円前後かかるので自作しています。

これはコスパが良くていいのですが、一番悩むのがジップロックを再利用するかどうかです。私は洗い物が苦手なので食器洗浄機を使ってますが、ジップロックは食器洗浄機では洗いにくいので手洗いしています。これが結構曲者で、裏返して洗っても隅のほうに汚れが残っていたり、油汚れが意外と落ちていなくて洗いなおしたりしていました。毎日使うものなので、これは結構な苦行でした。。

みんなどうしてるの?って疑問になったので、いろんな人の意見を聞いてみました。その結果、

  • 絶対に再利用する人
  • 汚れがひどくなければ再利用する人
  • 安いメーカーのものを使って使い捨てにする人

だいたい、こういう意見が多かったです(私調べ)。やっぱり、純正のジップロックをサラダチキン程度で毎日使い捨てにするのはそんなにいませんでした。しかし、もう洗うのは嫌です。なので、安いメーカーのものを使おうと思って色々調べていたらポリ袋調理というキーワードが気になりました。

使い捨てにするなら、ポリ袋がいいんじゃないかと思って早速レビューがよかった「ワタナベ工業 ポリ袋 お料理パック」を買いました。

続きを読む

コストコでクレジットカード決済するならSPGアメックスを絶対におすすめしたい

コストコに行くと毎回2万円くらい使ってしまいます。コストコで使えるクレジットカードはアメリカンエキスプレスカードのみです。その為、カード決済したい人でも、仕方なく現金で支払うことも多いと思います。

その時、店員さんに勧められるのが本家のアメリカンエキスプレスカード。グリーンカードと言われる普通のミドリのカードでも、一般のクレジットカードのゴールドカードほどの価値があります。その分、年会費は無料とは行かず12,000円がかかります。

アメリカンエキスプレスカードは、実際良いカードです。ポイント還元率は普通ですが、サポートデスクの対応が丁寧ですし、入会キャンペーンに乗っかれば、初年度無料+ポイントなんてのも良くやっています。

でも、私が薦めたいのは本家アメックスではなく、スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード(通称:SPGアメックス)というカードです。

コストコ決済に使いたいSPGアメックス

人の行動を変えてしまうほどの魅力があるカード

先にデメリットを言いますが、このカードの年会費は31,000円です!!!普通に考えて年会費3万円のカードを持とうとは思わないでしょうが、このカードはすごく特典の多いカードなんです。このメリットに気づいた人が最近多くて人気沸騰中なんです。
簡単に言うと、旅行に特化したカードです。そういう意味で、本家アメックスと一緒ですが、とんでもなく違います。このカードは、人の行動を変えてしまうほどの魅力があります。実際、私の場合ですが、どうしても記念日とか誕生日が近づくと、「今年はどこで何しよう~?」って悩みます。悩む理由は単純で、選択肢が思いつかないからです。ですが、このSPGアメックスを所持してからは、まずは国内のSPGかマリオットかリッツ・カールトンでディナーと宿泊したいという気持ちになりました。夏の沖縄旅行も、今までは「宿泊費はなるべく安く」しか頭に無かったですが、ラグジュアリーなホテルにお得に宿泊するという選択肢ができてからは、とにかく計画が楽しくなりました。いきなり、そんなに熱く語られてもという感じと思いますので、少しずつSPGアメックスのメリットをお伝えしたいと思います。

続きを読む